抗がん情報館は 治療の選択肢を広げ、がん患者と家族に希望の光を与える情報サイトです。

関連記事一覧

  • HOME »
  • 関連記事一覧
images 「免疫」の仕組みを利用した新たながん治療法 がん免疫療法とは、私たちの体に備わっている「免疫」という仕組みを活用した治療法の総称で、「免疫細胞療法」はこの免疫療法のひとつにあたります。1980年代に米国で始まりました。再発や転移していない早期がんの治療方法としては、手術や放射線治療などの局所治療が有効ですが、他の臓器等に転移し、拡がったがんに対しては、抗がん剤や免疫細胞療法のような全身に作用する治療法が適用になります。   病原菌やがん細胞を排除する、免疫の力 「免… 続きを読む
japanキャンサーフォーラム2017 日本を代表するがんの専門家が集結し、5大がんや希少がんを始めとした50種類以上のがん情報から、漢方薬、緩和ケア、医療費制度などを発信する日本最大級のがんフォーラム。 「知る」「学ぶ」「集う」市民のための、がん医療情報の学会形式のイベントが3年目を迎えたこの夏、秋葉原から、物流・文化・情報の発信起点である日本橋に移し、全国へ向かってがん情報を発信します! 【日程】2017年 8月19日(土)〜 8月20日(日) 【参加費】無料 【場所】コングレスクエア日本橋 【所在地】東京都中… 続きを読む
がんコンベンション2017 開催情報 名 称 第23回 代替・統合療法 日本がんコンベンション http://gancon.jp/ 会 期 2017年7月8日(土)・9日(日) 対 象 一般・会員(どなたでもご参加いただけます) 参加者の割合は、約1割が医療関係者、約1割ががん患者さんとそのご家族、残りは健康維持・増進にご興味のある方です。 会 場 浅草橋ヒューリックホール(東京/台東区) 講演者 講演者はこちらからご確認ください。 定 員 950名 主催者 NPO法人 がんコントロール協会 TEL:0… 続きを読む
きんぐアガリクス100 『キングアガリクス100』が本当に効くのか?聞いてみました。 抗がん情報館 (以下: 情報館)  東栄新薬株式会社(以下: 東栄) 情報館 :アガリクスが抗がんに良いと聞きますが、世間にアガリクス製品が沢山あって、正直私達ユーザーは何を頼りに決めたら良いのか分かりません。御社のサプリメントの特長を教えていただけますか? 東栄 :弊社の扱うアガリクスの産地はブラジルです。自然露地栽培で、太陽をたっぷりを浴びた所で採れているビタミン・ミネラルが豊富に含まれる希少なキノコです。アガ… 続きを読む
水素 2013年10月28日  辻クリニック ホームページより 水素の主な作用は *抗酸化作用 とそれに伴う *抗炎症作用 *抗アレルギー作用 ですが、これ以外にも多くの作用が見つかってきています。 そのひとつが「発ガン抑制作用」です。『鉄ニトリロ三酢酸』は鉄キレート剤の一種で、強力な発がん物質であることが解っています。 鉄ニトリロ三酢酸を投与すると、鉄をキレートし、膀胱に集積し、近位尿細管内で『フェントン反応』を起こして大量の活性酸素を発生させます。この活性酸素に対し、生体は「抗… 続きを読む
大腸がん2017.3.5 開催日 :2017年3月5日(日) 時間 :【ブース展示】開場12:00-閉場17:00,【セミナー】開会13:00-閉会16:50 場所 :東京医科歯科大学 M&Dタワー2F 鈴木章夫記念講堂 参加費 :無料 申込み方法 :予約不要 3月は、国際的な大腸がんの啓発月間です。 大腸がん疾患啓発活動「ブルーリボンキャンペーン」では、大腸がんの診断・検査から、また外科的治療・薬物療法について広く一般の皆様に知って頂くことを目的としています。 会場は、東京医科歯科大学医学部… 続きを読む
takaraフコイダン 『フコイダンカプセル』が本当に効くのか?聞いてみました。 抗がん情報館 (以下: 情報館)   タカラヘルスケア(以下:タカラ) 情報館 : 御社のサプリメントは、いわゆる「がん」にも有効なのでしょうか? タカラ: 弊社ではそう言った研究開発を行っておりまして、そのような研究結果もございますが、ただこちらはあくまでも健康食品なので、はっきりとした効果効能をお伝えする事が出来ないんですね。ただ皆様、 治療と併用されるお客様も多くいらっしゃいまして、人によって(効果は)まちまちで… 続きを読む
フコイダンV 『フコイダンV』が本当に効くのか?聞いてみました。 抗がん情報館 (以下: 情報館)   ヴェントゥーノ(以下:ヴェン) 情報館 : 御社のサプリメントは、いわゆる「がん」にも有効なのでしょうか? ヴェン: 栄養補助食品なので、効くという表現は出来ないのですが、がんの治療をされているたくさんの方から、ご評価いただいております。特にフコイダンをとる前の治療の時と、とり始めた後での治療の時とでは、お体のきつさが全く違うという方が多くいらっしゃいます。私共は(当社製品はがんに効果的… 続きを読む
がん治療革命 がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生 奥野修司・著 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163903880 (定価:本体1,500円+税。 発売日:2016年11月09日) からの抜粋。 記 奇跡の抗がん剤は、忘れられていた薬だった 『がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生』 (奥野修司 著) 聞き手「本の話」編集部 抗がん剤の開発はいまや世界的に頭打ち状態。 新薬は30万ドルに達する勢いで値上がりを続け、いかに副作用… 続きを読む
%e4%bd%93%e6%b8%a9%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87 普通、健康な人の体温は36.5度といわれています。36度になると、震えが起きてきます。これは震えることで熱産生を促すため。35度はがん細胞がもっとも増殖しやすい温度といわれています。 30度で意識が消失。29度で瞳孔が拡大してしまいます。 このように体温が0.5度下がるだけでも深刻な影響があります。死に近づくわけです。 一般的に36度未満の体温のことを「低体温」と呼んでいます。 人間の身体は本来正常であれば、常に36度~37度くらいを保てるようになっています。 この低体温は、… 続きを読む
PAGETOP
Copyright © 抗がん情報館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.