抗がん情報館は 治療の選択肢を広げ、がん患者と家族に希望の光を与える情報サイトです。

関連記事一覧

  • HOME »
  • 関連記事一覧
抗がん剤廃棄 11月23日 6時59分 NHK 患者に投与された後、使い切れずに廃棄された抗がん剤が全体で年間730億円余りにのぼるという専門家の推計がまとまりました。厚生労働省は、医療費の削減に向けて、使い切れなかった分を別の患者に投与するための安全基準を今年度中に取りまとめる方針です。 慶応大学大学院の岩本隆特任教授は、国立がん研究センター中央病院の協力を得て、患者に投与された後、使い切れずに廃棄された抗がん剤が、金額に換算してどの程度の規模になるのかを、去年7月からことし6月までに販… 続きを読む
%e9%87%91%e7%a7%80%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%b3 『沖縄産フコイダンエキス』が本当に効くのか?聞いてみました。 抗がん情報館 (以下: 情報館)  金秀(かねひで)バイオ (以下:金秀) 情報館  : 御社のアガリクス・フコイダインのサプリメントは、いわゆる「抗がん」にも有効なのでしょうか? 金秀 :現状の流れで行きますと、弊社は沖縄のさとうきびの絞りカスであるバガスを培地にしたアガリクスの人工栽培に成功した会社なのですが、今から20年前はアガリクスのブームということもあり、がんを患っている方に、良くご利用いただいておりまし… 続きを読む
『白幻鳳凰(はなびらたけパウダー)』が本当に効くのか?聞いてみました。 抗がん情報館 (以下: 情報館)  (株)ダイセル(以下:ダイセル) 情報館 : 御社の『白幻鳳凰』は、いわゆる「抗がん」にも有効なのでしょうか? ダイセル : あくまでも健康補助食品でございますので、こちらから「何に効く」という事は申し上げられないのですが、ただそういったお客様も多くいらっしゃいます。 情報館 :あ、そうですか。どういった効果の方がいらっしゃるのですか? ダイセル : βグルカンという成… 続きを読む
『シイタゲン-α』が本当に効くのか?聞いてみました。 抗がん情報館 (以下: 情報館)  小林製薬 (以下:小林) 情報館 : 御社のサプリメントは、いわゆる「抗がん」にも有効なのでしょうか? 小林:弊社の「シイタケ菌糸体エキス」というのは、がんに対する免疫力を効果的に高める働きだけでなく、がん治療(例えば抗がん剤や放射線治療など)の補助、治療後の再発予防に役立つ成分として期待されております。そしてがんにも色々種類がありまして、全てのがんに対し研究報告されているという事ではな… 続きを読む
全分子フコイダン 『全分子フコイダン』が本当に効くのか?聞いてみました。 抗がん情報館 (以下: 情報館)  シンゲンメディカル(以下:シンゲン) 情報館 :  御社のサプリメントは、いわゆる「抗がん」にも効くものなのでしょうか? シンゲン: 主にがん患者の方にご利用いただいている健康食品ではあるのですけれども、お薬ではない分、効果について「必ずこういった効果がある」と言うお伝えはどうしても難しくなってしまいます。ただ実際ご利用いただいている方からは、良いお声を沢山頂戴しております。 情報館 … 続きを読む
ガンは5年以内に日本から消える! 著者: 宗像久男、小林秀男 シリーズ名: ガンは5年以内に日本から消える! 発売日:  2014年08月29日 出版社:  経済界 「切る・焼く・殺す」では、ガンはなくならない! 手術・放射線・抗がん剤だけには、もう頼らない 【がん治療の鉄則】 (1)免疫力を大きく下げすぎてしまう可能性が高いため、原則として「対症療法」と「対症療法」を組み合わせてはいけない。 (2)根本的な解決を図るため、「対症療法」だけをおこなってはならない。 (3)「原因療法」には3つのカテゴリ、「栄養… 続きを読む
小林久隆 米国・NIH(アメリカ国立衛生研究所)の日本人・小林久隆主任研究員が手がけている「光免疫療法」について、同氏の帰国に合わせて、光免疫療法の治験の進行状況を取材した結果が、テレビ朝日「モーニングショー」のそもそも総研(2017年6月29日) にて放送。光免疫療法の日本の治験はいつから始まるのか、またアメリカの治験結果はどうなったのかについて紹介されました。 光免疫療法の日本での治験はいつから? アメリカで治験が進んでいる光免疫療法が、日本に入ってくるのはいつ頃になるのか、前回は… 続きを読む
新たながんの検査法 血液を採取するだけで乳がんや大腸がんなどの13種類のがんを早期に発見する検査法を国立がん研究センターなどのグループが開発し、今月から有効性を確かめる臨床研究を始めることになりました。 新たながんの検査法は、血液を採取して分析するだけで乳がんや大腸がんなどの13種類のがんを早期に発見することができるもので、国立がん研究センターなどのグループが開発しました。 体内の細胞は、血液に「マイクロRNA」と呼ばれる物質を分泌していますが、がん細胞の種類によって分泌するマイクロRNAが異な… 続きを読む
抗がん剤効果少なく 2017年4月27日 産経新聞より 政府と国立がん研究センターが、高齢のがん患者に対する抗がん剤治療について「延命効果が少ない可能性がある」とする調査結果をまとめたことが26日、分かった。調査を踏まえ、厚生労働省は年齢や症状に応じたがん治療のガイドラインを作成する方針。今後は、患者の生活の質(QOL)向上も踏まえて効果の高い治療法を推進し、高齢社会におけるがん治療のあり方を検討する。 国立がん研究センターと厚労省、経済産業省が主体となり調査を実施した。平成19年から20年に同… 続きを読む
gan3 ブログ『がんを克服するための諸情報』より 本ブログは以下の4つの記事は、がん患者が知るべき「本当のがんの情報」が凝縮されています。 1.がん克服をめざす方へ -がん克服法- 2.抗がん剤の真相(実態・真実)-抗がん剤拒否(効かない・使わない)のすすめ- 3.がん克服のための推薦図書(本・書籍) 4.がん予防法-がんの恐怖心をなくすために- 4.がん予防法-がんの恐怖心をなくすために- http://blog.livedoor.jp/kenko666/archives/4827… 続きを読む
PAGETOP
Copyright © 抗がん情報館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.