抗がん情報館は 治療の選択肢を広げ、がん患者と家族に希望の光を与える情報サイトです。
抗がん関連記事
  • HOME »
  • 月別アーカイブ: 2016年4月

月別アーカイブ: 2016年4月

CTL療法 CTL(細胞傷害性T細胞)療法とは獲得免疫最強の免疫細胞治療 CTL(細胞傷害性T細胞)は,別名キラーT細胞とも呼ばれ,がんの抗原を認識してはじめてがん細胞を攻撃する獲得免疫の細胞です。 CTL療法は,獲得免疫の細胞を利用する免疫細胞治療の中では最強といわれ,免疫細胞療法である活性化自己リンパ球療法の一種です。 ただし,CTL療法では,がん抗原を直接患者の体から手に入れる必要があります。 したがって,胸水や,腹水,あるいは生検のサンプルなどから,がん細胞が抽出できることが条件… 続きを読む
gagomekonbu 「フコイダン」については、免疫力をアップする成分として注目されていますが、何由来のフコイダンを摂るのが良いのか?以下に注目すべきエビデンスが記載されているので、ご紹介します。 ガゴメ昆布「フコイダン」の抗腫瘍作用 がん細胞を移植したマウスに、移植1週目より4週間フコイダンを飼料に混ぜて与えました。その結果、ガゴメ昆布「フコイダン」に明らかな抗腫瘍作用が認められました。 また、その作用はワカメメカブやオキナワモズクフコイダンに比べて強いことが明らかになりました。 https:/… 続きを読む
にゅうさんきん 1日に3000~4000個の、がん細胞が作られているって知っていますか? これは、健康な人のからだの中でも起きています。 しかし、全ての人が癌を発症するわけではありません。 それは発生したがん細胞は、私たちの免疫細胞の働きによって消滅され、うまく成長することができないからです。 私たちに体の中には、がん細胞の発生と増殖を許さない免疫機能が備わっています。 この免疫機能が正常に働いている人は、がん細胞の発生と増殖を食い止めることができます。 これは、私たちに備わっている恒常性維… 続きを読む
免疫療法 免疫細胞療法とは? 免疫細胞療法とは、自己の免疫細胞を体外で培養し活性化させ、体内に戻すという療法です。 がん患者は、免疫細胞の活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。 そこで、体外で免疫細胞を増やし活性化させ体内に戻すことで、体内の免疫力を強化し、がん細胞に確実な攻撃を仕掛けて「がん」の進行を阻止します。 免疫細胞療法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療といった、がんの三大療法(標準治療)と併用することで、副作用や体力低下などのデメリットを補いつつ相乗… 続きを読む
アガリクス アガリクスに抗がん効果があるといわれるようになったのは、原産地のブラジル、ピエダーテ地方の人たちに がん患者や成人病を患っている人があまりにも少なかったからです。 この現象を不思議に思い、アメリカの研究者が「アガリクス」というキノコを発見したというわけです。 その後、さまざまなところで臨床実験が行われた結果、アガリクスには豊富な有効成分が含まれていることがわかったのです。 アガリクスの抗がんやがん予防に有効とされる成分は多糖体類、β-グルカン、ぺクチドグルカン、ヘテログルカン… 続きを読む
センシンレン 最近、健康に良い効果を与えるハーブで『センシンレン』という植物が注目されています。 どのような植物なのか? 今回はそのセンシンレンについてまとめてみたいと思います。 穿心蓮読み方:センシンレン 英語名:Andrographis paniculata インドやマレーシアに分布するセンシンレンを、漢方では生薬・穿心蓮と呼びます。 インドのアーユルヴェーダではカンジャンと呼ばれています。 国やインド、パキスタンやタイの森林などに生育する一年生植物です。茎と葉は薬用として、晩夏に刈り… 続きを読む
デザイナーズフーズピラミッド がんを予防するためには、毎日の食生活が大切です。 中でも、野菜にはがんの予防効果が高いものが多いですので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。 特にがんの予防に効くのは、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどの「抗酸化作用」のある成分です。いずれも植物に多く含まれる成分ですから、やはり野菜はがん予防の上で理想的な食材だといえます。 成人1人に必要な野菜量は、「1日350グラム以上」が目安です。どんな野菜を中心に食べたらいいのか、がんに効く野菜についてご紹介していきます。 … 続きを読む
gagomekonbu 「フコイダン」とは? 免疫力を高めるものとして、海藻類に含まれる「フコイダン」という成分が、最近特に注目されています。 その理由は、「フコイダン」にNK細胞の活性化作用があることが最近の研究でわかってきたからです。 海藻類に特有のネバネバに含まれる成分「フコイダン」は高分子の多糖類で、食物繊維の一種です。 多糖類の「フコイダン」は、糖がたくさんつながった構造をしており、その糖の一部に免疫の活性化に重要な 硫酸基が結合しています。 原料となる海藻によってその構造や硫酸基の量など… 続きを読む
エビデンス 「数あるサプリメントの中で、何を選んだら良いのか?」その選択基準の一つになるのが、「エビデンス(科学的根拠)があるのか?」です。ではこの「科学的根拠」とは具体的にどういうものなのでしょう。 科学的根拠とは? がんの予防法・治療法の情報は日々さまざまな場所から発信されていますの で、その発信された情報の質を見極める必要があります。情報源としては学会 や論文などによる研究発表が引用されることがありますが、研究の方法によっ て、その結果の信頼性にはさまざまなレベルのものがあることを… 続きを読む
pic_sumiyoshi 住吉義光 (すみよし・よしてる) 玄々堂木更津クリニック院長。1979年徳島大学医学部卒業、81年国立病院四国がんセンター泌尿器科、85年徳島市民病院泌尿器科、89年国立病院四国がんセンター泌尿器科医長、2005年国立病院機構四国がんセンター第一病棟部長を経て、現職。代替医療については、厚生労働省がん研究助成金「がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究」班で主任研究者を務める。 がんの患者さんの多くが健康食品を利用している がんの患者さんの中には、医療機関で行われる治… 続きを読む
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 抗がん情報館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.