一般社団法人 臨床水素治療研究会 代表理事 辻 直樹 先生のFacebook投稿より、「代替医療とがん」について

メディアで「代替医療ががん治療を遅らせた」といったニュアンスのニュースが流れる事があります。そこではまるで「代替利用をせずに通常医療を受けていれば『確実に』ガンが完治した」かのようなイメージが先行しています。果たしてそうでしょうか?

これについてあくまでも個人的な見解を踏まえて『がん治療』について考えてみます。

病気は「早期発見早期治療」といいます。
これは紛れもない事実であり、発見が遅れれば遅れるほど、治療成績は悪くなります。

では早期発見の『早期』とはどの時点を言うのでしょうか?

がんを例にとって考えてみます。どのようなガンであっても「最初は正常な細胞」であり、これが損傷し、死ぬことも老化することを許されなかった細胞ががん細胞だと言われています。
このがん細胞も、体内に存在する免疫システムがすぐさま発見し排除しており、この数は『1日数千〜1万個』と考えられています。

この『細胞死と免疫を逃れたがん細胞』が無限分裂を繰り返し、増殖したものを『がん腫』と呼びます。
このがん腫は『約5mm大』になって初めてPETで発見されますが、この段階ですでに数千万個のがん細胞になっています。
しかし、これでは確定診断できません。発見された『影』から細胞を採取し、細胞診にて『がん細胞である』という見解がなされて初めて『がん腫』の診断となります。
もし『影』が見つかった部位が針を指してバイオプシー(細胞を取り出す行為)できなかったなら、それはあくまでも『ガン疑い』であり、治療開始となりません。放置される場合も多々あります。

生理学的に考えれば、最も早期は『免疫反応の逃れたがん細胞の存在』ということになりますが、これを現代医学の検査で発見することも出来ませんし、ましてやこの段階で『ガン』という診断をするのも難しいでしょう。

代替医療の話になると、殆どの場合『どっちが効くか?:抗がん剤/放射線 vs 代替医療』という流れになりますが、これは不毛な議論であろうと思います。

代替医療が末期がん患者さんの『藁をもすがる治療』として利用するのではなく『なるべく早期から介入する治療/予防治療』として利用することは
・副作用がない(極端に少ない)
・長期に利用できる
という観点からは確実に通常治療より優位です。そして
・統計学上の有意差がある
という面では、アメリカのがん患者数の推移が解りやすいかと思います。

代替医療を積極的に利用するアメリカではが1990年代よりがん患者数は減少しています。これに比べて日本のがん患者数はうなぎのぼりです。

医療従事者が『我々はがん患者を治すのが仕事であり、がん患者を減らすことには興味がない』というのであれば今のままで良いでしょう。
しかし、早期発見早期治療を訴えるのであれば、私個人としては『超早期発見早期治療≒予防治療』という考え方を持ってもよいのではないでしょうか、と感じます。

残念ながら、進行ガンの治癒率は、現在の通常治療と言えど『誇らしい治癒率』とは言えないのは紛れもない事実なのですから、声高らかに『代替医療は効かない』と言うのもどうかと思います。

あと、もうひとつ皆さんに知っておいて頂きたいのが医療制度の問題です。日本においては「同一疾患に対し『保険治療』と『自費診療』を混合して行ってはならない:混合診療の禁止」という法律があります。
この法律の存在によって、通常の保険医療施設が代替医療を取り組むことが出来にくくなっています。

例えば、抗がん剤治療患者に対する代替治療(高濃度ビタミンC、水素治療、ハーブ治療等)は抗がん剤の副作用を軽減するのに一役買ってくれます。

以上

辻 直樹 先生(医療法人社団 医献会 辻クリニック 院長 / 一般社団法人 臨床水素治療研究会 代表理事)

辻クリニックHP

Home

団法人 臨床水素治療研究会

 

 

 

 

 

 

 

 

一般社団法人 臨床水素治療研究会HP

Home