ドラマ「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」に出演した女優の野際陽子さんが13日に死去したことが15日、分かった。81歳だった。死因は肺腺がん。

肺がんは、組織学的な分類や治療方法による分類など、分類方法が多様であるという特徴があり、さまざまなタイプのがんが存在しています。

しかし、組織型で分けた場合は「腺がん(腺癌)」「扁平上皮がん(扁平上皮癌)」「大細胞がん(大細胞癌)」「小細胞がん(小細胞癌)」の4種類に大別され、比較的分かりやすいものとなっています。

 

肺腺がんの発生率

肺腺がんは、肺がんの60%程度を占めていると言われているがんのタイプで、日本において最も発生頻度が高いものとなっています。

男女別に発生率をみてみると、男性の肺がんの場合は約40%、女性の場合は約70%となっており、年々この数値は増加傾向にあります。

肺腺がんの特徴

肺腺がんは肺がんの中でも「非小細胞肺がん」の一種で、喫煙との因果関係が薄いという特徴があります。

喫煙が発症の直接的な原因ではないと考えられ、発生頻度も喫煙率の低い女性の方が高く、非喫煙者の方にも多く発症するという特徴があります。

また、肺の末梢(気管支の細い部分)に発症するケースが大変多く、末梢型肺がん又は肺野型肺がんとなることがほとんどです。

そのため、中心の太い気管支に近い肺門部に発生することは稀で、通常のX線検査で発見しやすい傾向にあります。

肺腺がんの症状

肺腺がんは、肺の末梢部分に発生する肺野型がんとしてあらわれることが多く、初期段階ではなかなか自覚症状を感じることが出来ません。

早期の肺腺がんの場合は、咳や胸の痛みなどもほとんどないため、定期的ながん検診や健康診断などで偶然見つかるケースが多いです。

但し、腺がんが進行してくると、様々な症状がみられるようになってきます。

がんの進行に伴って、肺がんに共通してみられる長期間の空咳、痰(血痰)、喘鳴(ぜいめい)、胸の痛みなどがみられる他、末梢部分でがんが大きくなるため、胸膜に影響を及ぼし、胸水が溜まるといったケースも多く見られます。

また、進行が進むとリンパ節への転移や遠隔転移が起きやすいため、身体全体に酷い倦怠感や激痛を感じることもあります。

さらに、神経が侵されることによって、腕や胸に、肩などに痛みやしびれを感じたり、顔面や上肢に浮腫(むくみ)が起こることも珍しくありません。

肺腺がんは、他の種類の肺がん同様、初期症状が出づらく初期段階で見つけにくいという性質があります。

さらに、喫煙の習慣がない方でも発症する可能性が高いがんの一種ですので、万が一に備えて、定期的にがん検診を受け、早期発見・早期治療ができる体制を整えておくことをおすすめします。