『フコイダンカプセル』が本当に効くのか?聞いてみました。

抗がん情報館 (以下: 情報館)   タカラヘルスケア(以下:タカラ)

情報館 : 御社のサプリメントは、いわゆる「がん」にも有効なのでしょうか?

タカラ: 弊社ではそう言った研究開発を行っておりまして、そのような研究結果もございますが、ただこちらはあくまでも健康食品なので、はっきりとした効果効能をお伝えする事が出来ないんですね。ただ皆様、

治療と併用されるお客様も多くいらっしゃいまして、人によって(効果は)まちまちでございますので、はっきりとは申し上げられないのですが、「健康診断の数値が良くなった」とか「治療の副作用が楽になった」という喜びのお声をいただいております。

情報館 : フコイダン商品は巷に色々あって、何を選べば良いか迷うのですが、御社の特長を教えていただけますか?

タカラ: はい。こちらの商品の研究開発を行っておりますのが、「タカラバイオ」と申しまして、同社が世界で初めてフコイダンの構造等を解明し、以来ずっと研究をし続けております。こちらからは詳しくお伝えできないものですから、宜しければタカラバイオから、研究開発に関する詳しい資料をお送りすることも出来ますが、いかがいたしますか?

情報館 :タカラバイオのホームページは拝見したのですが、実際に文字に書けない事も多いと思うので、お電話で聞ければと思いお電話した次第です。例えば他社ですと「高分子が良い」とか「低分子が良い」とか様々ですが、御社は高分子を採用していますよね?

タカラ:はい。高分子は吸収されにくいものと言われておりますが、吸収されるといったことよりも、高分子のままで腸を通る事で免疫を活性化させることを考えております。

 

情報館 :はい。他の会社も高分子で出している所もありますよね?そことの違いについては?

タカラ: はい。他社様との比較というのは、なかなかこちらではお伝えし兼ねるところでございます。

情報館 : 御社は「ガゴメ昆布」を採用していますが、その理由については何かありますか?

タカラ: ガゴメ昆布には、U、F、Gという3種類のフコイダンが含まれておりまして、こちらはもずく等には含まれていない構造なんですね。

また、フコイダンのパワーの源となっているのが「硫酸基」という物質なのですが、これが様々な機能性に関与していることが解明されました。

ガゴメ昆布の「F-フコイダン」は、オキナワモズクの約5倍の硫酸基を含んでいて、健康パワーが強いことがわかっています。タカラバイオの測定では、ガゴメ昆布「フコイダン」には硫酸基が約25%含まれていることが研究結果として出ています。

情報館 :他社ではフコイダンの含有量を売りにしている所もありますが、御社は量ではなく、フコイダン中の「硫酸基」がどれくらいの構成要素を占めているかを重要視しているという事ですね。

タカラ: はい、弊社ではそのように考えております。

情報館 :御社のフコイダン製品のラインナップはどんなものがありますか?

タカラ: カプセルタイプ、顆粒タイプ、エキスタイプ、ドリンクタイプとございます。

情報館 :(がんの状態が改善されてたという)喜びの声をいただくと冒頭で仰っていましたが、実際、その方々はどの位の量をとれられたのでしょうか?

タカラ : 400㎎/日とっていただく方が多いのですが、また弊社には「キノコテルペン」という商品もございます。フコイダンとキノコテルペンとの併用で良い結果が出たというデータもございまして、例えばフコイダン200mg/日とキノコテルペンとをお取りいだだいてという方も多くいらっしゃいます。

 

情報館 :フコイダンとキノコテルペンとの相乗効果って具体的にはどういうものなのでしょうか?

タカラ:はい、フコイダンとキノコテルペンは働きが違います。フコイダンは高分子ですが、キノコテルペンは低分子なんですね。従ってそれぞれが違う働きをサポートいたします。

 

情報館 :なるほど。例えばフコイダンとキノコテルペンを併用されている方(がん患者)は、どの位の期間で改善がみられる方が多いですか?

タカラ:その方のご体調・症状によって様々でございますし、お医者様によっては、治療中には健康補助食品は一切とらないようにと指導されているところもございますので、一概に「この位の量」というのは申し上げにくい状況です。

ただ一般的には細胞の生まれ変わりのサイクルが4カ月位と言われておりまして、弊社の他の健康食品に関しましても、4カ月以上はご様子をみていただくようお薦めはしております。やはり、即効性というのは難しいものでございますので…

とは言ってもご使用後すぐに体調が良くなったという方もいれば、半年~一年経た頃から良くなって来たというお声をいただく事もあり、様々でございます。

情報館 :そうなのですね。尚、最初は量を多めにとった方が良いということはございますか?

タカラ: そうですね、それもまたその時のご体調によってはエキス400㎎よりも200㎎の方がご体調にあっていたという事もあったりで、はっきり「量は多めがよい」とは申し上げられずで申し訳ありません。

ですので、カプセルタイプですと、1粒がちょうどフコイダン100mgの含有量なので、ご体調に合わせて粒数を調節していただくにはお薦めでございます。

情報館 :なるほど。会社によっては飲みやすさによる身体への負担軽減から、ドリンクを薦める所もありますが。

タカラ: そうですね、弊社もカプセルをとるのにご負担がある方は、ドリンクタイプをお薦めしております。

情報館 :了解しました。最後に1カ月あたりの予算を知りたいのですが。

タカラ: はい、例えばフコイダンカプセル(200㎎/日)とキノコテルペン(1000㎎/日)だと1カ月の通常価格は27,000円(税込)ですが、4カ月以上継続条件の定期コースですと15%オフの22,950円(税込)で購入できます。また、フコイダンエキス(400㎎/日)だと1カ月の通常価格は29,160円(税込)ですが、定期コースですと15%オフの24,786円(税込)で購入できます。

情報館 :ありがとうございました。検討してみます。

ご相談窓口