『プロポリス300』が本当に効くのか?聞いてみました。

抗がん情報館 (以下: 情報館)   山田養蜂場(以下:山田)

情報館 : 御社のサプリメントは、いわゆる「がん」にも有効なのでしょうか?

山田: 薬事法があるため、効く効かないとは言えないのですが、プロポリスは桂皮酸誘導体(アルテピリンCなど)、フラボノイドをはじめ、各種ビタミン類、ミネラルなどの有用成分を含んでおり人間の健康維持に役立つことが知られています。がんに関するプロポリスの研究成果については、「みつばち科学研究所」のホームページ上でご覧いただくことはできないのですが、弊社が会員様向けに発行している「みつばち便り」にてご紹介した事はございます。

情報館 : そうなんですね。具体的にはどのような研究成果なのでしょうか?

山田: 研究に関しては、細胞の実験に対して、アルテピリンCという成分がどのように働くかという所の研究になりますので、対象者は人というわけではありません。試験方法としましては、アルテピリンCを0~24マイクロ㎎、悪性の神経腫瘍細胞に添加して、がん細胞の増殖を調べるというものになるのですが、こちらでのがん細胞の増殖が抑制されたという研究結果が出ております。

情報館 : そうなんですね。その結果は、(抗がんには)どの位の量をとれば良いという目安にはならないのでしょうか?

山田: 試験に用いたアルテピリンCは、0~24マイクロ㎎となっておりまして、それを弊社商品でしたら「プロポリス300」がお薦めになりまして、目安量3粒中で45㎎のアルテピリンCがとっていただけるというのは分かるのですが、ただそれが細胞に使ったものと、人の口から入るものとで、どれだけ差があって、どれだけの量を接種すれば、身体にどう作用するかという点に関しては、まだ研究が不足している所であります。

情報館 : なるほど。良く分かりました。ありがとうございました。

【参考】

プロポリス300 (100粒入り:1日3粒) 税抜き 7,610円

ご相談窓口