15歳から39歳までの若い世代に多いがん、B細胞性急性リンパ性白血病は、これまで原因がほとんどわかっていませんでしたが、東京大学などの研究グループが、がんの原因となる遺伝子を発見し、新たな治療法の開発につながると期待されます。

この研究を行ったのは、東京大学の間野博行教授などの研究グループです。
研究グループでは、B細胞性急性リンパ性白血病の患者73人から、がん細胞を取り出し、遺伝子を詳しく解析しました。
その結果、がん患者からは合わせて19の遺伝子の異常が見つかり、これらの遺伝子が、がんを引き起こしていることがわかりました。
また、このうち「DUX4-IGH」という遺伝子の働きを抑えると、がん細胞が死滅することも確認できました。

B細胞性急性リンパ性白血病の国内の患者は、年間5000人近くに上ります。15歳から39歳までの若い世代で見ますと、最も多いがんの1つですが、有効な抗がん剤の種類は限られ、5年生存率は6割程度にとどまっています。

間野教授は「この世代のがん患者は、小児やおとなのがんの治療法が開発されていく中で取り残されてきた世代だ。今回見つけた遺伝子を直接標的にするような新たな抗がん剤を開発したい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160918/k10010691041000.html