『全分子フコイダン』が本当に効くのか?聞いてみました。

抗がん情報館 (以下: 情報館)  シンゲンメディカル(以下:シンゲン)

情報館 :  御社のサプリメントは、いわゆる「抗がん」にも効くものなのでしょうか?

シンゲン: 主にがん患者の方にご利用いただいている健康食品ではあるのですけれども、お薬ではない分、効果について「必ずこういった効果がある」と言うお伝えはどうしても難しくなってしまいます。ただ実際ご利用いただいている方からは、良いお声を沢山頂戴しております。

情報館 :  実際どんな声があがっているのですか?

シンゲン: そうですね、そちらも個人差がございまして、様々ではあるんですけれども、抗がん剤治療と併用して飲まれている方は、治療の副作用が軽減されたという方がいらっしゃいます。また、全く食事がとれなかった方が食欲が戻ってきたという方、中には腫瘍マーカ-の数値が正常値に近づいているという方もいらっしゃいます。

情報館 :  フコイダンも各社出ていて、どれにすれば良いか迷うのですが、御社の製品の特長(売り)は何になるのでしょうか?

シンゲン: 弊社のフコイダンエキスは、独自開発した「DBグルコース」という成分を含んでおりまして、こちらが“がん細胞の成長を阻害するのではないか”と思われております。がん細胞がDBグルコースを餌だと思って取り込むのですが、実際DBグルコースはがんの餌にはならないため、それ以上がん細胞が大きくならないという、マウスでの実験結果が確認されております。それが入っているというのが、弊社の製品の一番の売りになります。

情報館: 人での検証はなされていないのでしょうか?

シンゲン: 健康食品という性質上、人での臨床試験が出来かねてしまします。あくまでも「ご飲用いただいている方のお声」という紹介になってしまいます。

情報館: ホームページ上の各製品の価格は、1か月分のお値段なのでしょうか?

シンゲン: そうですね、1箱に28包入っておりまして、「全分子フコイダン500」と「全分子フコイダン1000」に関しては1日1包のご飲用で1か月分となります。「全分子フコイダン2000」に関しては、1日1~3包のご飲用をお薦めしております。「500」や「1000」を1日2包飲用されるならば、「2000」を1包飲用された方が安いので、そちらを推奨しております。

情報館: 抗がん目的の場合、どの位の量を飲用すれば良いのでしょうか?

シンゲン: 「こうでなければならない」と言うのはなく、あくまでも一つのお薦めという形にはなるのですが、既にがんを患っている方に関しては、「2000」1日3包のご飲用をお薦めしております。

情報館: ホームページに出ているマウスの臨床結果は、「2000」1日3包の濃度で出たものなのですね?

シンゲン: はい、そうなります。マウスでの臨床結果の他、ご飲用いただいている方の「「2000」1日3包を3か月位続けた結果、数値が良くなってきたよ」いうお声から、弊社としては一応それを目安としています。

情報館: そうすると15万円/月位ですね。

シンゲン: そうですね、1日3回ですと1か月分3箱になりますので、その位のお値段になります。

情報館: わかりました。では検討してみます。ありがとうございました。

ご相談窓口