「見た目が茶色い砂糖なら健康にいい」は間違い。

白砂糖が体に良からぬ影響を及ぼすという情報は広まりつつありますね。
健康を意識されている方ならすでにキッチンから白砂糖の存在は排除されていること思います。

ただ砂糖そのものの知識がなく茶色いものなら大丈夫、と三温糖を使用した料理をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お菓子を毎日のように食べ、休日は必ず外食しデザートまで食べる、仕事の合間に市販のカフェラテを飲む、というような、砂糖からは切っても切り離せない生活を送っていると どんなことが起こるのでしょうか?

そのときの体調は、疲れがイマイチ取れない、だるい、寝ても寝ても眠い、イライラする、アレルギー反応が出やすい、体調不良が続く、ごはんをしっかり食べても甘いものを欲する、というような具合。これは砂糖の影響が顕著に体に現れているのです。

今回はそんな方が、砂糖断ちする方法をお伝えします。

白砂糖が恐ろしいと言われるワケ

白砂糖には中毒性があり、「もっともっと」と欲する作用があります。
また女性の天敵「冷え」を加速させる働きも。

なぜなら、精製された白砂糖は完全なる人工的加工品であり食品添加物。
マクロビオティックでは食品添加物は「極陰」とし、体を冷やす働きをします。

 

三温糖は白砂糖よりさらに危険

白砂糖だけではなく、三温糖も同等の作用が起こります。
三温糖は品質表示を確認すると「カラメル色素」と表記があります。
これは砂糖を精製する際に残った蜜を煮詰めてカラメル化させたものを白砂糖に添加しているもので、言うならば白砂糖よりもさらに危険な食品です。

このカラメルは体内で尿素系の化学物質を作り出し、運動機能、学習機能に影響を及ぼす可能性があると、わかってきています。本質を知らずイメージで判断をすることがいかに恐ろしいことか、と考えさせられます。

「ガン細胞のエサ」になる、精製された白砂糖が体に及ぼす影響

・血液の酸化、糖化
・体内のビタミン、ミネラル、カルシウムを大量に奪う→虫歯、骨粗鬆症
・鬱やパニック障害など精神的疾患
・アレルギー、アトピーの進行、悪化
・頭痛や記憶障害
・ガン、生活習慣病
・血液に入り込んで血管を痛める
・集中力、記憶力の低下
・短気、イライラ、攻撃的
・老化や肌荒れ
・むくみ、疲労感
・性器トラブル、不妊
・リウマチ
・ウイルスに弱くなる

など、挙げたらきりがないほど様々な症状を引き起こしてしまいます。

どんな人が危険?
外食、調整豆乳、市販のドレッシングやソース類で白砂糖を無意識に摂取しているかも!

できるだけ砂糖の摂取を避けたいところですが、そうは言っても今の日本ではなかなか難しいのが現状。
様々な調味料に紛れて砂糖が添加されているため、自分はお菓子を食べない、という人であっても知らず知らずのうちに砂糖を摂取している可能性が大です。
甘いものを食べない方でも注意は必要です。

外食やコンビニ弁当が多い方、パンや嗜好品の摂取が多い、市販のドレッシングやソース類をよく使う方、アルコール摂取が多い方。

知らず知らずのうちに白砂糖を多量に摂取している可能性があります。
また健康の為にと飲んでいる、野菜ジュースや牛乳、調整豆乳にも砂糖は含まれています。
自分で防いでいくしか道は無さそうです。

現代人にはびこる隠れ低血糖症。
低血糖症は死に直結する大変危険な症状です。

このようにわたしたちが意図しない形で白砂糖は摂取しており、3人に一人が低血糖症と言われている現代。
気づかぬうちに「低血糖症」となっている可能性も無きにしもあらずです。

低血糖症が起きる原因としては精製された砂糖が持つ作用にあります。
砂糖は体内に入ると血糖値の急上昇→インスリンの大量分泌→血糖値の急下降。
再び血糖値を上げようと甘いものを欲する、という負のスパイラルが働きます。

白砂糖を多量摂取して、これを繰り返していると常に興奮状態が作られ自律神経のバランスが乱れます。
よって様々な症状として心身に現れてくるのです。

症状としては貧血、めまい、頭痛、末端冷え性、アレルギー、感情の起伏がはげしい、神経質など。
またこれを繰り返した場合、最悪のケースでは死に至るケースもありますので決して軽く見てはいけない深刻な症状だと言えます。

さらに、12歳までの子供に白砂糖を含む食品を多く与えると、落ち着きがない、キレやすい、攻撃的といった状態も作られてしまうので注意が必要です。

砂糖を使わず調理する方法

わたしたちの身近な日本食ですら砂糖の使用量は多いです。
そこで砂糖を使わずして料理をする方法をお伝えします。

・無水鍋で野菜を蒸す。このとき塩をひとつまみ。
・無水鍋がない場合、鍋底から1センチほどの水を入れ食材(野菜)を入れた一番上に塩をひとつまみ入れ、弱火で蒸し煮する。

天然塩を入れじっくり蒸すことで野菜からの旨味、甘みがグッと引き出ます。
だいたいの煮物ならこの方法で充分甘みを感じるはずです。甘みが足らなければみりんで調整してしてみてください。
玉ねぎ、にんじん、キャベツ、かぼちゃといった甘みのある野菜を使うのがコツ。

まずは21日間続けてみて。

料理にお砂糖を控えていくと味覚が変わっていくのがわかります。
21日間この方法を続けていれば砂糖が必要でなくなるくらい変化しているはずです。

そうなればしめたもの。白砂糖がたっぷり使われているものを食べたときに違和感を感じるはず。
一度離れてみるとよくわかりますが、白砂糖の甘みはとても刺激的で、もっと欲することが少なくなるでしょう。