免疫細胞療法とは?

免疫細胞療法とは、自己の免疫細胞を体外で培養し活性化させ、体内に戻すという療法です。
がん患者は、免疫細胞の活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。
そこで、体外で免疫細胞を増やし活性化させ体内に戻すことで、体内の免疫力を強化し、がん細胞に確実な攻撃を仕掛けて「がん」の進行を阻止します。

免疫細胞療法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療といった、がんの三大療法(標準治療)と併用することで、副作用や体力低下などのデメリットを補いつつ相乗効果が期待できます。
また、患者本人の免疫細胞ですので、まれに一過性の発熱を伴うくらいで免疫細胞療法単独での副作用の心配はほとんどありません。
がん細胞と正常細胞を区別し、正常細胞の遺伝子にはダメージを与えません。
免疫細胞療法は、三大療法(標準治療)と併用することで相乗効果が期待できるほか、副作用の軽減も可能です。

 

免疫細胞療法の種類

高活性化NK細胞療法

免疫細胞療法において使用する細胞のなかでも、NK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。
もっとも原始的な免疫細胞であるNK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫の中心的役割を果たし、ウイルスに感染した細胞やガン細胞に結合して殺傷する役割を持っています。 NK細胞は、がんであれなんであれ、異物と見れば即、攻撃するというワイルドな力があります。 がん細胞は健康な方でも毎日3,000個〜6,000個くらいは体内で発生していると言われており、がん細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。
がん患者はNK活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。NK細胞療法は、最も確実性が高いと考えられるNK細胞を主に高活性化培養し、点滴で体内に戻します。

高活性化NK細胞療法

治療は血液50ccほどを採取することから始まります。
一般の献血が400ccですので、それと比べるとはるかに少量で、患者の身体への負担が少ないといえます。
その後、約2週間をかけて、無菌状態に保たれた最先端の培養施設で、熟練の培養技師が培養、活性化し、NK細胞を数百から数千倍を目安に増やします。
健康な人が持っているNK細胞の数は約1億個ですので、4億~5億になれば効果は期待出来ます。(NK細胞の数値は目安であり、培養期間や患者様の状態によって異なります。) それを生理食塩水とともに、点滴で患者に戻します。

 

樹状細胞療法

樹状細胞療法は体外で大量に樹状細胞を誘導して体内に戻すことにより、樹状細胞の抗腫瘍免疫を最大限に高めて、がん細胞を消失させることを狙った治療法です。
樹状細胞療法において、腫瘍を殺傷する中心的役割を持つのは細胞障害性T細胞(CTL)です。
このCTLは腫瘍抗原(目印)を見つけることで腫瘍を認識します。 この腫瘍認識方法はNK細胞と異なることから、樹状細胞療法とNK細胞療法による相加・相乗効果が期待できます。

 

自家がんワクチン療法

手術で摘出されたがん組織から、がんワクチンを生成し、体内のがんと闘うリンパ球を活性化する治療法です。

作製原料として使われるのは、手術で取り出し病理診断用にホルマリン漬けにされたがん組織です。生のがん組織も生のがん細胞も必要ありません。「自家がんワクチン」を投与すると、患者本人の体内で免疫細胞が活性化され、活発にがん細胞を殺すようになります。がんの手術で取り残した、目には見えない小さながん細胞を免疫細胞が殺してしまえば、がんの再発を防止、いつの間にか起こるがん転移を予防、運悪く残った小さながん組織を破壊する治療を行うことができます。

自家ワクチン療法

がんは、遺伝子の変異によって、正常な細胞分裂の回数や周期のコントロールが失われ、無限に増殖を繰り返してしまうことで発症する病気です。
細胞は通常、ダメージを受けても自己修復したりアポトーシス(自死)させることができます。
しかし、これがうまく修復できないと遺伝子に変異が生じてしまいます。
正常な細胞の中では、遺伝子によって分裂と抑制のバランスが絶妙にとられ、私たちの身体は健康を維持しています。
がん遺伝子治療は、正常な「がん抑制遺伝子」を体内に入れることにより、がんの死滅や遺伝子の正常化を促す治療法です。

 

自律神経免疫療法は、病気の原因である自律神経の乱れを改善し(白血球のバランスを整え)、免疫力を高めて病気の治癒を促す療法です。リンパ球には、がん細胞を狙い撃ちにするNK細胞、NKT細胞、キラーT細胞などがあります。 これらの免疫細胞が活発に働いてがん細胞を駆除することによって、がん細胞の自然退縮が起こるのです。

自律神経免疫療法(経絡療法)

・体がポカポカして温かくなってきます。 ・あくびが出たり、眠くなったりします。 ・リラックスして血流がアップします。 ・他の治療と併用することにより、相乗効果が期待できます。

 

熱刺激で有益な生体反応を利用して、体力の向上、抵抗力の調整、自然治癒力の向上に役立てるものです。
がんは熱に弱いと言われておりますが、がんを熱で殺すわけではありません。
弱った体に熱刺激を与えることで免疫細胞を活性化します。温熱療法

温熱灸は、火を使う従来の治療とは違い、特殊ヒーターで温めて使うから、安心・安全です。
有効成分がツボに浸透し、自然治癒力を増進させます。
効果:チネオールという有効成分が、白血球を増加させる働きがあります。

 

RF“高周波”を使用して体内深部から加温を行う温熱療法。
体内に生じる深部からの“熱”が血行を促進し、基礎代謝をアップさせ、活性酸素(フリーラジカル)の排除などによって自律神経系、ホルモン分泌を整えます。
血液が悪く冷えていることが多いがん患者様の全身は、インディバ療法で芯からしっかりと温まります。
癌性疼痛(癌による痛み)を緩和する効果もあります。温熱療法を併用することで、NK細胞の活性がより高まります。

インディバ療法

副作用のない天然の抗がん剤 → がん細胞選択的毒性

vc-pic

ビタミンCの血中濃度を点滴療法で350mg/dl〜400mg/dlまで上げることにより、「副作用の無い抗がん剤」としての効果を期待します。
超高濃度のビタミンCは、強力な抗酸化作用を発揮し、がん細胞に対して抗がん剤のような毒性を示します。
しかし、正常細胞には活性化を図ります。ビタミンCの血中濃度を毎回測定しながら350mg/dl〜400mg/dlに安定するまで高濃度のビタミンCを点滴で注入する療法です。

 

上記療法にサプリメントを補うことで相乗効果を狙い、最強の免疫力を支えます。