ANK自己リンパ球免疫療法とは

ANK(Amplified Natural Killer)自己リンパ球免疫療法(通称、ANK療法)は、免疫細胞療法もしくは、活性化自己リンパ球移入法等と呼ばれる、がん治療の一種です。乳がん、前立腺がん、肺がん、胃がん、大腸がん、食道がん、腎がん、膵がん、肝がんなど、固形がんをはじめ、肉腫、ATL(成人T細胞白血病)などの白血病、あるいは悪性リンパ腫など、一般に「がん」と称される全てが治療対象となります。

現在のがん治療は、「手術」「放射線」「抗癌剤」「重量子線」といった化学的治療が主に行われています。これらのがん治療は、活発に活動しない、いわゆる「まとまった動かない癌」には、大変、有効な治療です。しかし、がん特有の活動、いわゆる「転移」= 体の違う場所に移動する・「変異」= 細胞の特性を変化させ抗癌剤に耐性をもつ、いわゆる「活発な癌」には化学的治療は効果が期待できません。
そこで、別な治療法として、健康な体が本来持っている自然の免疫力を応用した治療法=免疫細胞療法が開発されました。

もともと体内には、どんながん細胞でも狙い撃ち、破壊する免疫細胞である「生まれながらの殺し屋」ナチュラルキラー(NK)細胞がいます。しかし、がんはNK細胞の活動を抑えています。
そこで、NK細胞を体の外に取り出して培養し、増強してから体内に戻すことでがん細胞を破壊するのが「ANK免疫細胞療法」です。

 

http://www.lymphocyte-bank.co.jp/ リンパ球バンク株式会社

映像元 : 「 再発・転移する がんと闘う」
著 者:リンパ球バンク
発 行:日経BPコンサルティング
発 売:日経BPマーケティング