初期症状

早期の胃がんの場合は、ほとんどが無症状です。

症状がある場合、多いものとしては、みぞおちの痛みや胃部膨満感(胃が張る、ふくれる感じ)、その他には、胃がんに合併して起こる胃炎や潰瘍による胃部の不快感、もたれ感、軽い胸やけ(胸のあたりがモヤモヤしたり、ムカムカしたり、鈍い痛みを感じる)などの症状です。

 

がんの形や発生した場所によっても異なりますが、空腹時の痛みがいちばん多く、その他の鈍痛もよくみられます。食事中、食後にはもたれる感じがします。

 

進行期

がんが進行してくると、吐き気、嘔吐(吐く)、胸やけ、ゲップ、下痢や便秘、全身倦怠感(全身的なダルさ)、食欲不振、体重減少、貧血などがあらわれるようになります。なかには、吐血、下血(血が混じった黒い便)、背中の痛み、胸の痛みなどを伴う場合もあります。

 

ただし、これらの胃がんの症状は個人差が大きく、なかには症状がないままがんが進行していくケースなどもありますので、年に一回は胃がんの検診を受けることが大切です。