私たちの細胞は決められた設計図(遺伝子)をもとに皮膚なら皮膚の細胞、内臓なら内臓といったように一定の秩序を守って作られています。

それに対して、ガン細胞とは何かというと

細胞の設計図(遺伝子)のコピーミスによって

作られてしまった細胞です。

そして、ガン細胞のたちの悪いところは

秩序を守らずに、どんどん増えてしまい

挙句の果てには、血流に乗って他の臓器にまで移り(転移)

そこでもどんどん増えていってしまう点です。

このガン細胞ですが

私たちの体内では、健康な方でも

毎日3000個から5000個ものガン細胞が作られている

と言われています。

それではなぜ、

ガンになる人と、ガンにならない人がいるのでしょう?

それには「免疫細胞」の働きが大きく関わっています。

普通、健康な人は免疫細胞の働き(免疫力)が

ガン細胞の増殖よりも強く

毎日、免疫細胞がガン細胞を倒していますので

ガンは発症しません。

それに対して

ストレスや冷え、日常生活の乱れなどによって

自律神経のバランスが乱れ

「免疫力」が下がってしまうと

ガン細胞の増殖スピードに

免疫細胞の処理能力が追い付かず

ガンがどんどん増えてしまいます。

 

そして、ある程度大きくなると健康診断で見つかったり

ガンに関する様々な症状が現れてきます。

 

【ガンの治療法】

 

では、この増えてしまったガンに対して

どのような治療法があるのでしょうか?

 

現在の西洋医学における標準的ながん治療は

「手術」、「放射線」、「化学療法(抗ガン剤)」の

3大療法といわれており全国の医療機関で行われています。

以下、簡単に3大療法を説明します。

【手術】

手術

できてしまったガン細胞と周りの組織を切り取ります。

ガンができた場所や大きさによって

お腹を開いて行う開腹手術や

身体に負担の少ない内視鏡手術などが行われます。

 

【放射線療法】

放射線療法

放射線をピンポイントに当てることによって

ガン細胞にダメージを与えます。

 

【化学療法(抗ガン剤)】

抗がん剤

抗ガン剤を投与してガン細胞にダメージを与えます。

通常の細胞にもダメージを与えてしまうため

吐き気・嘔吐、脱毛、全身倦怠感などの

強い副作用が出ることが多いです。

 

この3大療法では、すでにできてしまった

ガン細胞を取り除いたり、

ダメージを与えることで

ガンの進行や、症状を抑えることを目的としています。

 

この3大療法に対して

ガンになってしまった根本的な原因である

【免疫力の低下】に注目して

【免疫力を上げる】ために行われるのが【免疫療法】です。